ひげおやじのひとりごと

higeoyaji.exblog.jp
ブログトップ

柔よく剛を制する

只今、深夜にもかかわらず、世界柔道をテレビで観戦中。
そこで、またまた思っちゃいました(-_-;)

柔道の醍醐味は、なんと言っても小さい選手が大きい選手を投げ飛ばす!!
単なるパワーの勝負ではなく、勘と経験、そして技術の差が勝敗を分けると言う事ではないでしょうか?

e0036217_153329.jpg


そう考えると、それはオフロード走行にも通じるのでは?などと思ってしまいます。(かなり無理が有るとは思いますが・・・)

つまり、パワーでブイブイ言わす大型の四駆車を尻目に軽量の、しかも2サイクルエンジンのジムニーが、ぬかるんだ急斜面をグイグイ登っていく!!!

ま、とは言え結局パワーで押し切られるって場面も多いのですが・・・
# by barbershop-silver | 2005-09-11 01:06 | ジムニー | Comments(0)

うれしはずかし・・・

先日、床屋仲間のお友達が誕生日会なるものを開いてくれまして・・・
まさか、この年になって誕生日を祝っていただけるなんて、思ってもいなかったんで、ヒジョォ~に感動しました。
ま、同じ9月生まれのgureさんというお美しい女性の方とジョイントバースデーパーち~~
だったので、殆んどそちらがメインゲストでしたが。。

e0036217_11255177.jpg


この写真は、プレゼントとして頂いたモノです。
『でっか過ぎるライター』は、「おに~さん」と「謎のK」さんから。
『棺桶型の煙草入れ』『ライフル型のライター』はgureと、その旦那さんから。

いやぁ~ありがたいですなぁ~\(^o^)/
どうやら、ワタクシのイメージは、どっちにしてもヘビースモーカー!!

gureのくれたライターを見て、おにーさんが一言
『アチャ~こりゃカブったのぅ!』
・・・・おにーさん、全然カブってませんから!使うのに、ZIPPOのオイル3本くらい注入せないけんじゃないですかぁ~!!
大切にしまっておきます<(_ _)>
# by barbershop-silver | 2005-09-06 11:25 | 出来事 | Comments(0)

質実剛健!!

今日も熱く激しく、つぶやいちゃいます。(*^。^*)

『クールビズ』のときにも書きましたが流行り物が嫌いで、実用性重視のワタクシの考えと言うのは、終始一貫していて、普通車をぶつけたりしたら、直しますよね、やっぱり見た目がカッコ悪いからでしょう?
しかし、支障がなければそのまま使う方が自分の生きかたに合っているのです・・・多分もともと『ボロボロでも、錆さびでも、走りゃぁいいじゃん』っていう実用性重視の考え方がカッコいいと思っていたんだと思います。

それから、今の四駆車は、みんな大きく、それが力強く、男らしいと言うようなイメージがありますが、それは、世界の戦争の舞台がアジアから中近東やアラブの砂漠地帯に変遷して行ったからで、もちろん、実用性重視の軍隊の世界では、見た目のイメージで車をデザインする事なんか無いんじゃないでしょうか?
そうやって、世界中の四駆車が、どんどん大型化していく中で、日本にだけ『軽自動車』と言う枠があったお陰で、肥大化を免れた奇跡の車!それがジムニーなのです!!

e0036217_17474876.jpg


そうやって、はじめは雑誌やインターネットなどで、ジムニーの奥深さを知って
色々、妄想しているだけだったんですが昨年の暮れに『トレイルクラブ ぱ~ぷる』というジムニー愛好家の方たちと、ひょんな事から知り合いになって、今年3月、始めて実際のオフロード走行を体験しました。
# by barbershop-silver | 2005-08-30 17:51 | ジムニー | Comments(0)
ではなぜジムニーなのか?
高校時代より、なんとなく四駆車に興味はありました。
自分でもなぜだか分かりませんが、変わったものが好きだった事だけは確かです。

と言うより、ハッキリ言って、流行り物が嫌いなんです!何か買いに行っても店員さんに「今、これが流行ってますよ」と言われれば、気に入った物でも「じゃあやめた!」と言う感じです。

又、私の中には、『デザインとは機能美である』という発想が元々あったのだと思います。
そのものの大きさ、形、色などは、何故そうなのかと考えたとき、そうあらねばならない必然性があれば、デザインとして、とても素晴らしいと思うのです。

そもそも、四輪駆動車ってのは、第二次大戦中、アメリカの陸軍が、岩や泥などのガタガタ道でも、兵隊を運べるようにって事で車のメーカーに作らせたのが始まりなわけで、そこには、見た目のカッコ良さや、お洒落の要素など微塵もなく、ひたすらに実用性のみを考えて作られていた事は確かです。

例えば、ジムニーが模倣した本家JEEPの初期のモデルは、屋根がありません。ドアすらありません。何故か?車重を少しでも軽くする為です!戦のときは、寒いだの暑いだのというよりも、確実に前線に兵士を送る事が求められるからです。(軽いと言う事は悪路走破性においてとても重要な要素です)

フロントウィンドウを、前に倒す事が出来ます、何故でしょう?前向きに機関銃を撃つ必要があるからです。
e0036217_61917100.jpg


これらの要素は、人類の文明と言うものが戦争によって進歩していったと言う事実ですが、ジムニーと言う車は、最初から戦争をするために作られたものではなく、人類が、戦争と言うばかげた行為によって、生み出された技術をはじめから平和なこの日本にあって、悪路走破性という実用的な要素から作られたもので、(その証拠に、発売当初のジムニーは、林業関係者や、雪道を走らなければならない北国の職人さんなどのいわゆる働く車として、重宝されていました。)そういう所が、まさに私の生き方にピッタリマッチするのであります。
# by barbershop-silver | 2005-08-29 06:22 | ジムニー | Comments(0)

旅行記のすすめ

先週の連休、広島・呉・阿賀港からフェリーに乗って、松山⇒宇和島⇒四万十川伝いに高知の足摺岬に行ってきました!

帰ってきてから、例によって『旅行記』の更新に取り掛かり、今やっと完成!
こうやってweb上に旅行の思い出を残しとくと、何年か経って見返した時、本当に懐かしいんですよねぇ~
デジカメで撮った写真を、パソコンの中に保存してても、なかなか開けてみることなんてないし・・・
こうしておけば、いつまでも新鮮な思い出として楽しめますよ(●^o^●)
e0036217_18512013.jpg

# by barbershop-silver | 2005-08-26 18:50 | 出来事 | Comments(0)

山が海が・・・俺を呼んでいる?のか?!


by ひげおやじ