人気ブログランキング |

ひげおやじのひとりごと

higeoyaji.exblog.jp
ブログトップ

2019年 07月 12日 ( 1 )

e0036217_01094011.jpg

この旅行記も、やっと3日目です
e0036217_00544670.jpg

コンドミニアムに泊まってるんで、朝食は毎日、買ってきたサンドウィッチ&サラダです。
e0036217_00525786.jpg

ショアーズのゲートまでワゴン車に迎えに来たもらって、まず向かったのは、シュノーケリングツアーのoffice.
こちらで契約書にサインしましたが、staffは全員、現地の方。
全く日本語通じませんので、一抹の不安を抱えつつサインしなきゃ先に進めませんので・・・
(多分、なんか有っても自己責任やで!的な事が書いてあったのではないかと・・・)
e0036217_00522983.jpg

この船でsnorkeling pointまで向かいます。
e0036217_00531697.jpg

それにしても気持ちいい!
首にぶら下げているの、スマホの防水ケースです。
e0036217_00532504.jpg

潜る準備万端ですぞ!
e0036217_00534386.jpg

スマホを防水ケースに入れて・・・
初体験とはいえ、水中での撮影はホント難しい!

一休み中です・・・

気持ちいいですね~
e0036217_00540621.jpg

昼食付きでしたので、楽しく頂きましたが・・・
e0036217_00543759.jpg

ここでワタクシ、自分が典型的な日本人で有ることを再確認。
staffの方に「What kind of beers do you have?」と聞いたら、2種類あると言われたので、おすすめの方を頂きましたが、MAUIというかなり苦くてクセの有るビールでしたので、飲み干してから空いたビール缶をキッチンに持って行き「another beer plese.」と言ったら、ニッコリ笑ったオネーサンが同じMAUIを出してくれました・・・
「no no another type」とか「another brand」とか、言えば、違う種類のを出してくれたんでしょうが、あまり食いさがるのも如何なものかという日本人気質全開で、そのまま「thank you!」といって受け取りましたが、帰ってから色々調べてみると「another~plese」はネイティブが聞くと「お代わり下さい」にしかならないみたいですね~・・・
「THE other beer plese!」といえば一発で違う種類がget出来たのでしょうか?
どなたか詳しい方、教えて下らはいwww
e0036217_01071101.jpg

お昼過ぎにコンドミニアムに帰って、チョットだけ昼寝。
夕方から、この車でサンセット&星空観察のツアーです
e0036217_01083946.jpg

まずはハプナビーチ州立公園にて
e0036217_01114771.jpg

Hawaiiではいつもこのポーズ!
ちなみに、夜の星空観察に備えて全員、長袖長ズボンです。
e0036217_01115784.jpg

こちらの海岸で夕食のお弁当を頂きました。
事前情報ではツアーの弁当はホントに美味しくないと人から聞いていましたが、前日のサークルアイランドツアーでガイドさんが「Shionoさんの惣菜は美味しくて人気ですよ」って言っていたShionoさんの弁当ではないですか!!
テンションMax!噂どおり、とても美味しいお弁当でした。
e0036217_01122004.jpg

さて、もうすぐ夕日が沈みますよ。
e0036217_01131854.jpg

なんとも幻想的、今までで観たSunsetで一番きれいでした!

動画で見ると、なぜか懐かしいのは金曜ロードショーのイメージが強過ぎるからか?・・・世代ですね~(^^;)

そして、一路マウナケア山へ。
・・・オプショナルツアーでマウナケア山頂・サンセット&星空観察みたいなのが有りましたが、マウナケアって標高4200メートルもあるので、一気に上がると高山病になっちゃうから、途中で体を慣らすため休憩しながら上がるので、そのツアーだとお昼過ぎには出なければいけないってことで、この夕方からのツアーにしたんです。(だって、それだとシュノーケリング終わったら間に合わないんですもん)
e0036217_01134089.jpg

いや~きれいな星空でした!
ま、スマホのカメラじゃ星空撮れんので、ガイドさんの天体望遠鏡で撮っていただいた月がこの写真です。
ただ、月が明るすぎて、降るような満点の菱空とはいかなかったのが残念ですが・・・
(ホントに星の好きな人は月の陰りに合わせて闇夜を狙ってくるそうですが、そこまで知らんもんwww)
それと、「山頂からの星空ってここから観るのとは又違うんですかね」ガイドさんに聞いてみたのですが、「山頂からは観れませんよ」って・・・「?!」
天文台の有る山頂は夜間進入禁止だそうで、そのツアーでも山頂で夕日を観た後の星空観察はビジターセンターまで降りてかららしいです。
「そこって、標高どのくらいですか?」って聞いたら、ここと変わらないって!!
1500~1600メートルって事で、じゃあ星空も同じやないかい!と・・・
e0036217_01135158.jpg

日本に帰ってきてからガイドさんに送ってもらった写真、一番明るいのは木星です。
「10秒間ジッとして下さ~い」って、光を集めて・・・真っ暗でも高機能のカメラだときれいに写るもんですね~!
あ、ちなみにこの上着、貸していただいたのですが、それでもメッチャ寒かったです!。
Thank you Emi! your so nise guide!!
なんか、現地の空気を思い出しながらまとめてるんで、所々、英語が出てきて、自分でもヘンテコリンだなとは思いますが、ま、空気感も含めて感動が伝わればという感じですかね~
ってことで、まだまだ続きます・・・

by barbershop-silver | 2019-07-12 18:38 | 旅行記 | Comments(0)

山が海が・・・俺を呼んでいる?のか?!


by ひげおやじ